フリーランスとして早めにやっておいたほうが良いこと6選+α

フリーランス

どうも!webマーケティングのフリーランスしてます「ごん」(@gon_55555)です。

この記事では、フリーランスとして早めにやっておいたほうが良いこと6選+αについて、書いていきます。

この記事で得られること

  • フリーランスとして自分を守るための術がわかる

この記事を書いているのは、

・WEB広告運用歴5年のフリーランス
・フリーランスとして約1年活動
・現在は法人案件のWebマーケティング業務に従事

こういった経験の人間が話していきますよ!

目次

  • ①クレジットカード複数枚作成
  • ②法律関連の顧問と関係構築
  • ③会計処理系のツール導入(freee)
  • ④専門エージェントに登録
  • ⑤Facebookで独立を報告
  • ⑥ブログの開設
  • 追記:フリーランスの先輩からの助言

①クレジットカード複数枚作成

クレジットカードは、個人事業主ように最低1枚、できれば2枚作成しておきたいです。

理由としては、会社員退職後だとクレジットカードの審査に落ちるからです。

自分の場合でいうと

  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード

ここの大手のクレジットカードは審査に落ちたので発行することができませんでした。
特に大手のVISAが発行できなかったのは苦しかったですね。

クレジットカードがないと困ることとしては

・お客さんの広告費を振りかえで支払い
・PCなどの初期装備の現金払い

など。独立初期に一気にキャッシュがなくなる危険があります。

そうならないためにもクレジットカードはなるべく速く発行です。

また審査に落ちた中でも、発行できたクレジットカードあります

それは……….

American Express

です。

blog_amex

画像引用:https://www.americanexpress.com/ja-jp/

もともとビジネスようにつくたれたカードなので、フリーランスでも発行しやすかったようです。
また自分の場合多額の広告費用を建て替える関係で、上限が高くないといけなかったので、
American Expressはめちゃくちゃ助かってます。

②法律関連の顧問と関係構築

これも自己防衛の最優先事項です。

実際私も制作物の契約書を結ばず、その後トラブルがあり、返金するかどうかなどの問題にフリーランスになって遭遇したことがあります。

幸いにも双方争う気はなく、冷静に対応できたのですが、もし相手がたが法的装置をゴリゴリにしてきた場合、
こちらとしては不利な状況になっていたかもしれません。

今は、顧問の行政書士さんなど法務に強い方と関係を持ち契約書などはチェックしていただいています。

法律関係は、本当に大切なので、まずはご自宅付近の弁護士事務所などに電話して見てくださいね。

大事なことなのでもう一度いいます。弁護士と関係を築いておいてください

③会計処理系のツール導入(freee)

blog_freee

画像引用:https://www.freee.co.jp/

会計処理ツールもぜひ導入しておいてください。

そうしないと2月からの確定申告で大慌てしますよ。

フリーランスになったら自分で税務署に確定申告をしなければなりません。(義務です)

ツールでおすすめはもうみなさんもご存知かと思いますが、freeeがおすすめです。

  • 領収書を写真撮影で読み込んで仕分けしてくれる
  • 口座連携で、売上や経費を振り分けてくれる

確定申告で慌てないためにも早速、導入しちゃいましょう。
お金関係は、丁寧すぎるくらいの管理が吉です。

④専門エージェントに登録

blog_agent

画像引用:https://itpropartners.com/

ある程度その分野で実績がある方であれば、専門のエージェントに登録しましょう。

エージェント登録のメリット

  • 単価がそこそこ高い(月40~60万円が多い)
  • 営業のプロが案件を紹介してくれて仕事に困らない

広告の分野だとある程度サービスが伸びてきている分野でないと仕事になかなか繋がりません。

ただし専門のエージェントに登録している企業は別です。

採用をガンガンして売上を上げるフェーズなので、単価も高い仕事が多いです。

ちなみに私がおすすめのエージェントは下記からどうぞ

【厳選】おすすめのフリーランスWebマーケター向け専門エージェント厳選2つをご紹介!

⑤Facebookで独立を報告

blog_fb

Facebookなどでの独立報告って少し恥ずかしいですよね。

ただ、結構みなさん応援してくれます。コメントもたくさんいただけます。

また一番自分が驚いたのは、仕事につながった点です。前職でもう退任されている取締役の方経由でご紹介いただいたり、大学の先輩が紹介してくれたり、

思わぬ成果につながります。最初は露出を増やすことが大切なので、恥ずかしがらずトライです!

⑥ブログの開設

blog_blog

ブログは必ず開設して、自分をお客様に提供できることを記事にしておきましょう。

ブログはあなたの代わりに営業してくれる「営業マンです」

ブログを読んでから問い合わせを頂く場合ほぼ100%の確率で仕事につながります。

ちなみに、僕は上場企業からブログ読んでメールで問い合わせもらいましたよ。

追記:フリーランスの先輩からの助言

フリーランスの先輩でゴリゴリの営業マンのさとるさんが助言くださいました!

どれも自分がまだ手をつけれてないことだったので、非常に勉強になります。
順々にやっていきます。

フリーランス人口は日本でも今後増えていくことが予想されています。

この記事を読んですこしでもフリーランスライフを充実させましょう!