【解説】Shopifyのアプリ「Pagefly」でプログラミングなしでランディングページを作ろう

Shopify

ども!フリーランスしてます。ごん(@gon_55555)です。

今回は、Shopifyのランディングページ構築アプリの「Pagefly」について解説していきます。

Pageflyを使うメリットとしては

ポイント

  • コーディングなしでランディングページを構築可能(最短1日でできる)
  • コーディングがないので、ABテストの回転数を上げて、CVRを上げることができる
  • 構築に時間がかからないから、複数のページを瞬時に構築可能

Shopifyのサイトで、広告運用をする際に、大いに活躍します。

早速見ていきましょう。

  • Pageflyの概要
  • 開設方法とおすすめの使い方

Pageflyの概要

概要は下記です。

特徴

Pagefly Top

料金

料金はこんな感じ。無料からでも使えます

Pagefly料金

開設方法とおすすめの使い方

以下に手順を書いていきます。

アプリのダウンロード

・Shopifyストアで pageflyと検索して商品ページを開きます。

Pagefly Top

・アプリをダウンロードするとPageflyのアプリが開きます。

テンプレからテーマを選択

・Pageから、テンプレートを開くきます

セクションはとりあえず3こ

・ファーストビュー
・顧客ベネフィット
・口コミ

この3つは抑えておきたいところです。

特に口コミ(レビュー)の有無は、CVRに大きく影響するので、できるだけ収集したいところです。
※おすすめのアプリは「Judgeme」

また上記をテンプレ化している「essential」というテーマがあります。

僕は大概こちらでLPを作っちゃいます。おすすめです・

短時間で制作して、データを取っていきます。

最後に

よく勘違いがあるのですがShopifyでサイトを作っただけでも、商品は売れません。

SNSや広告といったデジタルマーケティング手法を駆使し、集客をしなければサイトに人を集めることができないのです。
大事なのは構築した後の「運用」です。そのためには、工数を抑えることがでアプリの使用を推奨しています。

ぜひランディングページ構築の工数を抑え、最小限の工数で最大限の成果を出しましょう。

それでは。